労働問題

残業代を請求された

従業員を解雇したい

解雇した従業員に訴えられた

労働組合ができてしまった

労働審判を申し立てられた…

など、当事務所には労働問題に関するご相談が多く寄せられています。


労働問題は企業の法的トラブルの中でも頻繁に起こる問題のひとつです。


労使間の関係性は良好な状態であれば問題ありませんが、ひとたびトラブルが発生してしまうと急激に悪化するという特徴があります。


法としては労働基準法、労働法、労働三法、労働基本権、労働組合法など、規制が多く、それらの法改正が頻繁に行われることも使用者側が苦労する要因なのではないでしょうか。何より日々の業務で忙しく、労使関係のトラブル対策を考える時間を確保できない方がほとんどです。


しかし、従業員の些細な問題を蔑ろにしてしまっていると企業の経営に影響する大きな問題に発展することになりかねません

労働トラブルは起こった場合、どう対応するかによって、結果が大きく異なります。場合によっては多額の和解金を支払ってしまうケースもあります。


でも、ご安心ください。当事務所では経験豊富な弁護士が労働問題を最良の解決に導きます


重要なのは早急に弁護士に相談し、正しい知識を知ることです。


是非、当事務所にご相談ください。

労働問題に関して詳しい情報こちらから

■労使紛争についてはこちら

■労働審判を起こされた場合はこちら

■労働訴訟を起こされた場合はこちら

■賃金仮払いについてはこちら


 

アーツ綜合法律事務所についてはこちら

ImgTop80001.png

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介   ■アクセス

Copyright (C) 2012 アーツ綜合法律事務所 All Rights Reserved.