実際の売上が売上予測と大幅に違った場合

当初フランチャイザーから聞いた売上予測の説明と、実際の売上が全然違った

というご相談をよくいただきます。

フランチャイザー(本部)が、フランチャイジー希望者に対して売上予測をすることがあります。
その売上予測を信頼して契約を結んだものの、予測と実際の売上が大きく異なる場合、損害賠償できるのでしょうか?

法律的には情報提供義務違反に基づき損害賠償請求をすることができ、またそれが認められる傾向にあります。

フランチャイジーが売上予測をするには、根拠が必要ですし、情報提示が義務付けられています。
根拠が不明確で、情報提示が適正でなかった場合には、損害賠償請求が認められる傾向にあります。

フランチャイズ契約についての詳しい情報はこちらから

■フランチャイズ契約についてはこちら

■実際の売上が売上予測と大幅に違った場合についてはこちら

■フランチャイズ契約を終了する場合についてはこちら


 

アーツ綜合法律事務所についてはこちら

ImgTop80001.png

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介   ■アクセス

Copyright (C) 2012 アーツ綜合法律事務所 All Rights Reserved.