フランチャイズ契約とは

フランチャイズ契約とは、フランチャイザー(本部)がフランチャイジー(加盟店)との間に契約を結び、加盟店が本部に対し一定の対価を支払い、「ノウハウや経営情報提供」「商標やロゴなどの使用」などを通して、流通の合理化、品質の向上を目指すものです。
 
大手フランチャイザーの事業に中小零細企業が加入できるという事業参入機会の増大といったメリットがあります。

フランチャイズ契約ではそれぞれ独立した事業者が契約を結びます。
ですから、フランチャイズに加盟してもそれぞれ独立した事業者となりますので、消費者契約法の適用はありません
 

フランチャイズのトラブル

フランチャイズには様々なメリットもありますが、トラブルになることも少なくありません

多くの加盟店を募集するために、根拠のない過剰な売上予測をしたり、十分なノウハウや設備を備えていないにも関わらず、誇大広告をしたり、本部からのサポートの充実を売りにしているにも関わらず、何もしなかったり利益追求のみを目的とした悪質なフランチャイズも中にはあります

特に,フランチャイズに加盟する際は必ず契約書を交わすのですが,これはフランチャイザーが作成する定型的契約書ですから,ほとんどが作成者であるフランチャイザーに有利な契約内容となっています。

そのため,フランチャイジーとしては,当該フランチャイズ契約の内容を受諾するか,しないかの選択権が与えられているに過ぎません
 
当事務所にご相談にこられるフランチャイザーの方は、ほとんどの場合不利な状況に置かれています。

しかし、そのような悪質な契約の場合、弁護士が入ることによって解決できることもあります。
フランチャイズ契約でお困りの際は、当事務所までご相談ください。

フランチャイズ契約についての詳しい情報はこちらから

■フランチャイズ契約についてはこちら

■実際の売上が売上予測と大幅に違った場合についてはこちら

■フランチャイズ契約を終了する場合についてはこちら


 

アーツ綜合法律事務所についてはこちら

ImgTop80001.png

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介   ■アクセス

Copyright (C) 2012 アーツ綜合法律事務所 All Rights Reserved.