• HOME
  • その他(民事)

その他(民事)

日常生活を送るなかで、金銭貸借、交通事故、労働問題、不動産に絡む問題など様々な法的トラブルが起きることがありますが、これらの問題の対応については自ら行なうことも可能ですが、適切に行なうためには法律の専門家である弁護士に相談・依頼した方が円滑に進みます。

また、最近ではフランチャイズに関する問題も多く、よくある事例は、あるフランチャイズシステムに加盟して店舗を出したが、当初の予想とは異なり、売上が伸びずに赤字が続いている場合に、フランチャイズ本部に責任を追及していくというものです。
このような問題においても、弁護士に相談・依頼することで解決の糸口が見えてきます。

では弁護士に依頼した場合、具体的にどのような方法を取るのかといいますと、一般的な方法は次のとおりです。

まずは、依頼者のお話しを詳しく聞き取り、法的な要求が根拠をもって相手方に対して主張できるものかどうか調査・判断いたします。

そして、法的な主張が成り立ち得ると判断すれば、相手方に対して内容証明郵便などを送付し、話し合いで解決できるのかどうかを確認します。

話し合いで解決できないのであれば、訴訟を提起することになります。

訴訟は一審判決が出るまでにはおおよそ1年程かかります(なお、事案が簡明で争点が少ない場合はもっと短期間で終了しますが、争点が多岐に渡る場合は1年以上かかることもあります)。

一審判決がでた場合でも、不服のある当事者は高等裁判所に控訴することができますので、さらに終了するまでに時間がかかることになります(なお、法的には控訴審判決に不服があれば、最高裁判所に上告することができます)。

ただ、訴訟がなされている間にも、裁判所での和解も可能であり、事案の内容によれば当事者が合意することで和解することもあります。

当事務所では、様々な法的問題に対し、事案に即して解決法を考えていきますので、一度、ご相談下さい。


 

アーツ綜合法律事務所についてはこちら

ImgTop80001.png

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介   ■アクセス

Copyright (C) 2012 アーツ綜合法律事務所 All Rights Reserved.