医療過誤

医療過誤とは、医療従事者(医師、看護師など)の人為的なミス(過失といいます)により、患者に人的被害が生じることをいいます。

人為的なミスとは、医療関係者が注意を払い対策を講じていれば、避けることのできた場合であり、診断や検査の誤り、手術の失敗、薬剤投与のミス、看護師などの他のスタッフとの連携ミスなどがあります。

医療過誤は、医療機関内部で起こる密室性、医学という高度な専門性、カルテなどの証拠が医療機関に偏在していることなどのために、患者自らが医療機関の責任を追及することは困難を極めます。

そのため、医療過誤の問題で悩まれている場合には、弁護士に相談することをお勧めします。


 

アーツ綜合法律事務所についてはこちら

ImgTop80001.png

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介   ■アクセス

Copyright (C) 2012 アーツ綜合法律事務所 All Rights Reserved.